筋萎縮性側索硬化症(ALS)で障害基礎年金を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者

男性(60代/無職)
お住まい:北九州市八幡東区
傷病名:筋萎縮性側索硬化症(ALS)
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
支給月から更新月までの支給総額:約360万円

相談時の相談者様の状況

介護の仕事を退職した後、体重減少・めまい・呼吸困難の症状が現れる。
自宅近くの内科クリニックや脳外科クリニックを受診したが、原因は判明せず。
その後、総合病院を数件受診しても原因は判らずに症状は悪化していった。
国立病院で検査の結果、硬膜下血種が判明し手術入院。その際に筋萎縮性側索硬化症が疑われ、後日判明した。
上肢下肢ともに自由が利かず、病院のベッドに寝た切りの状態。

相談から請求までのサポート

本人が外出することは困難であり、奥様が来訪されて面談しました。
当方から病院を訪問し本人と面談。サポート内容と必要書類の説明をし契約手続き。
初診日から約2年経過しており病院も7件ほど転院を繰り返していましたが、問題なく受信状況等証明書が発行でき、
また、日常生活状況に関する文書を作成し主治医に説明して認定日時点の診断書発行も問題なくできました。
発病日頃から請求日までの経過を病歴・就労状況等申立書に詳細に記載し、特に日常生活状況については別添の説明文書を作成しました。

結果

障害基礎年金1級、年間約97万円を受給しました。

受給事例の最新記事

  • うつ病についての事例はこちら
  • がんについての事例はこちら
  • 網膜色素変性症についての事例はこちら
  • 難病(漬瘍性大腸炎・パーキンソン病)についての事例はこちら
  • 脳疾患・心疾患についての事例はこちら
  • 肢体の障害についての事例はこちら
  • 腎疾患・腎不全・人工透析についての事例はこちら
  • その他(人工関節など)についての事例はこちら
障害年金無料相談会受付中!093-533-8200
障害年金 無料相談会受付中!
障害年金申請時の注意点 これまで経験した数多くの申請サポートを元に、障害年金の申請をお考えの方が申請する前に抑えておくべき3つのポイントを紹介いたします。
ご相談
料金
アクセス
受給判定