相談無料 まだ障害年金を受け取っていないうつ病・統合失調症・躁うつ病・発達障害・知的障害の方へ
だから安心 当事務所が選ばれる3つの理由
  • 1.年間100件以上の申請実績
  • 2.県内最高レベル 支給実績90%以上
  • 3.安心の着手金0円 成功報酬
着手金無料 お気軽にご相談ください
人工透析 身体障害 脳疾患 etc 原則20?64歳対象 遡及で1,000万円受給の可能性がある公的制度をご存知ですか?※年間200万円以上の支給で5年間遡及したケース 精神疾患ではない方はこちらのサイトへ

障害年金の相談はどの社労士事務所に依頼しても同じだと思っていませんか? 障害年金の相談への対応は深い年金知識と実績経験がないと障害年金を受給する事はできません。

受給事例

あなたももらえる可能性があります
  • 事例1 障害厚生年金2級と認定されたうつ病の方は、、、初回に727万円受給し、その後、毎年170万円を受給。
  • 事例2 障害基礎年金2級と認定された統合失調症の方は初回に434万円受給し、その後、毎年77万円を受給。
他にも多数の事例あり! 詳しくはこちら

病気の症状

うつ病

主な症状
うつ病の主な症状は、気分の障害といわれる抑うつ気分、意欲低下の状態、思考制止と悲観的な思考状態です。さらに、気分が憂鬱で、暗く、意気消沈し、気分が滅入り、悲しみ、悲壮感が強く喜びや幸福感を感じなくなります。

双極性障害(そううつ病)

主な症状
躁病相と、うつ病相とを交互に反復する状態です。双極性障害とも呼ばれています。
躁状態とは、うつ気分の反対の状態であり、気分高揚、上機嫌、愉快、楽天的といった感情気分に満ち溢れますが、感情的に不安定で、反応しやすい状態です。

統合失調症

主な症状
原因不明の異器質性精神疾患であり、一般には思春期や青年期に発病し、慢性の経過をたどることが多いです。
精神症状は、幻覚や妄想が現れたり、急性期には錯乱状態や混迷状態が見られたり、慢性期には、意欲低下、情動鈍麻、思考貧困、自閉などが見られます。

パニック障害

主な症状
不安障害の一つであり、古典的分類で不安神経症とよばれるもののうち、急性パニック発作(不安発作)が繰り返し出現するものです。 不安が激しくなり、急性の不安発作が突然に起こります。発作中は、切迫感や、破局感、すぐにも死ぬのではないか、という強い恐怖を感じます。

強迫性障害

主な症状
不安障害の1つで、ある観念が常に心を占領し、取り除くことが出来なかったり、ある行為を実行しないでいられなかったりする神経症です。不合理だと分かっていますが止めることが出来ず、日常生活・社会生活に支障をきたします。

更年期障害

主な症状
卵巣機能が低下し、エストラジオールが欠乏する事により、ホルモンバランスの崩れにより起こる症候です。閉経(50歳前後)の女性が、エストロゲン欠乏により、心身の不調になる症状です。

てんかん

主な症状
てんかん発作が繰り返し出現する慢性の脳疾患、器質障害がてんかんです。てんかん発作では、意識の消失やけいれん、感覚の異常、幻覚や情動の変化、自律神経症状など、神経や精神の症状が生じます。

認知症

主な症状
後天的な脳の器質的障害により、正常に発達した知能が低下した状態をいいます。先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害といいます。

北九州 障害年金サポートセンターが選ばれる5つの理由

  • 煩雑な書類作成、面倒なお役所様の対応を一括対応!
  • 障害年金に徹底的に特化した社会保険労務士事務所!
  • 相談料無料!専門家が親切・丁寧に対応!
  • 受給できない場合は報酬をいただかない安心の受給時報酬
  • 全国障害年金相談センターに加盟
    全国に約40ある障害年金の専門家集団によるノウハウを提供!
障害年金無料相談会受付中! お電話お待ちしております。メールでも受付しております。 093-583-8231 年中無休 受付時間:8:00-22:00 メールでのご予約はこちら