MENU

双極性感情障害で障害基礎年金を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
お住まい:福岡県遠賀郡
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約360万円

相談時の相談者様の状況

15年前に二男出産後から家事・育児に悩み精神科を受診するようになった。
その後、2~3年おきに転院を繰り返したが症状は改善しなかった。入院を勧められていたが、子供がまだ小さかったので通院治療を選んだ。
自分で年金事務所で相談した際に、記憶違いで初診日の日付を誤って窓口担当者に伝えていた。
その初診日では保険料納付要件を充たしておらず、障害年金請求手続きが出来ない状態あった。
手続きが滞っていることでなんとかならないかと、ご夫婦で当センターへ相談に来訪。

相談から請求までのサポート

初診が15年前でしたが大学病院だったのでカルテが保管されており受診状況等証明書の発行が可能でした。
初診後に総合病院やクリニックを5回転院されていたので、各病院ごとの治療・処方内容や医師から指示された事項および転院の理由を詳細にヒアリングしました。それを基に発病日から請求日までの治療経過を病歴・就労状況等申立書に詳細に記載し、特に日常生活状況については家族の意見書を別途作成しました。

結果

障害基礎年金2級、年間約120万円を受給しました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患双極性感情障害」の記事一覧