MENU

【双極性障害・障害厚生年金3級】正社員として入社退社を繰り返していたので不支給となる可能性が高かったが、無事受給ができた事例

Aさんのエピソード

・双極性障害の方でご相談に来られました。

・現在は無職(退職)してあるので、無事、障害厚生年金3級の決定

受給に導いたポイント

・過去は正社員として入社退社を繰り返していたので不支給となる可能性が高いところ、申立書にダメダメな状況であったことを詳細に記載して3級受給できました。

 

①受診状況等証明書の取得

受診状況等証明書とは、初めて病院に通院した日を証明する資料です。

通院した医療機関に作成してもらう必要があるます。

Aさんの場合は〇〇であったため当センターから受診状況等証明書の依頼を行いました。

②病状のヒアリング・医師への診断書の依頼

当センターでAさんの症状をヒアリングさせていただきました。

(1)適切な食事について
(2)身辺の清潔保持について
(3)金銭管理と買い物について
(4)通院と服薬について
(5)他人との意思伝達及び対人関係について
(6)身辺の安全保持及び危機対応について
(7)社会性について
(8)その他

について、それぞれ日常生活の状況をヒアリングいたしました。

また、Aさんから定期診察の時に医師に障害年金用の診断書の作成依頼をしていただきました、

 

③診断書の取得

Aさんの場合は〇〇だったため、現症日(現在の症状を記載する診断書)と認定日(障害認定日時点での症状を記載する診断書)の2枚の診断書を作成していただきました。

 

認定日

現症日

 

④病歴・就労状況等申立書の作成

発症日から現在までの医療機関・その時の症状を細かく記載する必要があります。

当センターでAさんからヒアリングをさせていただき、病歴・就労状況等申立書を作成いたしました。

 

⑤補足資料の作成

病歴・就労状況等申立書だけではすべての症状を伝えきれないため、当センターで補足資料を作成いたしました。

 

⑥支給決定

無事、障害厚生年金3級が決定になりました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患双極性感情障害」の記事一覧