MENU

感謝のお手紙67

傷病名 等級 エリア 性別 年代
血管性認知症・高次脳機能障害 国民年金1級 北九州市八幡東区 女性 70代

平井先生との出会いに、心から感謝致します。
「あなたのお母さんの状況では、障害年金受給は厳しいと思いますよ」
全ては、年金事務所に相談に行ってから伝えられた、この言葉から始まりました。

母、現在71才。脳梗塞・認知症を発症したのが62才。
8年前の事でした。

当初、自宅で父が介護に当たっていましたが、限界となり、老人ホームへ
お願いする事になりましたが、費用も高額で、父の生活を圧迫する状態でした。

そこで、何とか障害年金を受給できるようにと、
冒頭の相談後にも、インターネット等で、独自に調べましたが、行き詰まりました。

そんな時にたまたま、私の職場近くにある、平井先生の事務所の存在を知り、かけ込みました。
先生は「8年前の事で、難しい面もありますが、勝算は十分にあります。一緒にがんばりましょう」
と言って下さいました。

そこからは、細かく適切な指示のもと、事態が好転していき
私自身も「受給できるものでは」と感じる様になりました。

そして平井先生と出会ってから半年後、当初、障害年金2級を目指していましたが、
何と「障害年金1級」の受給を受けられるようになりました。

大げさかもしれませんが、私にとっては、まさに「奇跡」と思える出来事でした。

平井先生、本当にありがとうございました。
先生のお陰で、最大の親孝行が、できたと思います。
このご恩は一生忘れません。心より。

感謝のお手紙の関連記事